ようこそ、環境部のページへ

 環境部では長年環境関係の自動測定機器の維持管理を行っており、この間培ってきた専門的なノウハウを活かして、大気汚染自動測定局の
測定機器の点検調整、機器補修、データ管理などの保守管理を実施しています。
 また、廃棄物最終処分場の汚水処理施設の運転、維持管理、施設の改善なども実施しています。
 こうした業務により、正確な環境データ管理などをすることを通じて、社会に貢献しています。

大気汚染測定局の保守管理業務
 大気汚染を改善するためには、工場・事業場及び自動車等から排出される汚染物質を規制するとともに汚染物質の状況を常に把握することが大切です。
 これらの業務のうち、県内に配備された大気汚染の常時監視を行う自動測定局の測定機器の保守管理や測定データのチェックなどの業務を
行っています。
 これらの測定データを適正に管理し大気汚染状況を把握していくことは住み良い環境を確保し、維持していく上で大変重要な業務です。 (県内51局)



 (犬山大気測定局外観)                (保守点検作業の状況)           (測定局内配置図) 
※大気汚染測定局には、二酸化硫黄、浮遊粒子状物質、窒素酸化物、光化学オキシダントなどの測定器が設置されています。

        愛知県大気汚染常時監視結果(愛知県)

豊田環境保全センター跡地管理業務
 廃棄物最終処分場の排水を適正に管理するためには、日頃から汚水の処理や放流水の検査などを行うことが大切です。
 旧豊田環境保全センター(廃棄物最終処分場)浸出水の処理施設の維持管理及び放流水の水質検査などの業務を行っています。
 放流水の汚濁負荷を低減し、下流の河川の水質を保全する上で大変重要な業務です。

(環境保全センター跡地汚染処理場遠景)        (汚染処理施設主要部)         (監視・制御盤での保守・点検作業状況) 

普及啓発事業
1.環境ブースの出展による啓発活動(pdf)
2.大気汚染測定局の一般公開(pdf)
3.留学生インターンシップ事業の実施(pdf)
 
(関連リンク)
環境省へようこそ(環境省HP)
あいちの環境(愛知県環境部HP)
そらまめ君(大気汚染広域監視システム)
業務へ戻る
HOME