〒460-0002 名古屋市中区丸の内三丁目19番30号(管理課) TEL (052)971-3045 FAX (052)971-3053

下水処理について

生活排水等の汚れた水は、下水道管を通って浄化センターでキレイに処理されます。
ここでは、下水処理の大切さと下水処理のしくみを詳しく解説します。

水の循環

人が生活する上で大切な水は、絶えず地球上を循環しています。
生活排水等で汚れてしまった水をそのまま流してしまうと、川や海が汚れてしまうだけではなく、 私たちの体内へ有害な汚れとして戻ってきてしまいます。
浄化センターは、そのような生活排水等をキレイに処理してから川や海に流すことで、 川や海を汚さないだけではなく、私たちの豊かなくらしを守ります。

下水処理の仕組み

下水汚泥は資源として様々なものに利用されています。

下水汚泥の資源利用 〜資源として様々なものに利用されています〜

生活排水等は下水道管を通って浄化センターに流れていきます。
浄化センターでは生活排水などから汚れを分離し、キレイになった水を消毒してから放流しています。

また、処理後の汚泥を脱水した「脱水ケーキ」は、様々なものに利用されています。

浄化センターの設備

微細な空気を吹き込むための「散気板」が反応槽底部に敷き詰められています。

水を抜いた沈殿池の内部です。沈んだ汚泥をかき寄せるための機械がついています。
かき寄せ板をチェーンでゆっくりと動かします。

水処理施設の地下です。いろいろなパイプやバルブ、ポンプやモーターが並んでいます。

焼却炉です。下水汚泥を燃やして減量化します。排気ガスを浄化するためのいろいろな設備もついています。

汚泥棟の地下です。いろいろな機械やパイプが複雑に配置されています。