サカイカンピ(普通肥料登録番号 生第80577号)
境川浄化センターで下水を処理するときに出る余剰のバクテリア(下水汚泥)を熱風で乾燥させて作った肥料です。
窒素とリン酸を多く含みます。処理の過程で石灰を多く混入してあるので、酸性土壌の改善にも役立ちます。
カリを含む肥料を併用するとさらに育成効果が期待できます。
水銀、カドミウム、ヒ素などの有害な重金属の濃度は法律の基準値以下であることを確認しています。
その他の毒物なども入っていないことを検査して確認してあります。
畑や樹木、庭園にむいています。水田には不適です。
土に混ぜると、発酵して分解します。弱い作物を植える場合は、先に土にまいておいて、
熟成してから植え付けることをおすすめします。
サカイカンピは無料で配布しています。刈谷市にある境川浄化センターでお渡ししています。
詳しくはこちら
http://www.pref.aichi.jp/0000018270.html
サカイカンピのパンフレットのダウンロード(PDF)
上記の内容はPDFデータとなっておりますので、御覧になるには
Adobe Acrbat Readerがインストールされている必要があります。
こちらからダウンロードできます→
サカイカンピの芝への施用実験(中部空港島) サカイカンピで育つ大根